Sconnect

STAFF BLOG

2021.06.03

お客様の言うことを100%叶えるのが本当の仕事?〜代表杉浦のアタマのナカ〜

こんにちは!エスコネクトの代表・杉浦です。


私が好きな言葉に、「無理に売るな、客のもの望むも売るな、客のためになるものを売れ」という言葉があります。なぜならエスコネクトが理想とする家づくりの姿勢に近いものがあるからなんです。


▶︎お客様が望んでいるものを提供するのが本当に正解か
家づくりをするとき、「お客様の願いを全て叶えれば、いい家になる」。
そう考える人は多いかもしれません。


確かに、お客様の希望のプランや間取り・デザインを全て叶えた住まいは、お客様にとって最善の住まいのように思えますよね。 でも…それって、家を作る側の私たちの思考停止、甘えではないでしょうか?



エスコネクトに限らず、どの会社に行く場合にもお客様はたくさんの夢や要望をお持ちです。
「吹き抜けのあるリビングがいい」「ウッドデッキが欲しい」など、その希望は十人十色。
もちろん、私たちの仕事はお客様のマイホームに関する夢や要望を伺うところから始まります。
けれど、ここで大切なのが「100%お客様の望みを叶えた家が必ずしもいい家になるとは限らない」ということです。
それはなぜかというと、ほとんどのお客様は家づくりが初めてだから。 そして、私たちは暮らしやすい家の形や間取りを常に追求してきたプロだから。



美容室に髪の毛を切りに行ったとき。
明らかにお客様の希望のスタイルが、似合わないものだったら…
本当のプロなら「より似合うスタイル」をご提案するのが仕事です。


家づくりもそれは同じ!
例えば、希望されている間取りが、お客様の生活スタイルに合わない間取りなら。
なぜその間取りを希望されたのかを伺いながら、より良い間取りを追求・提案する努力をしてこそ、いい家が完成します。
また、お客様が希望しなかった間取りだったとしても、伺ったライフスタイルや理想の暮らし方を叶えるために必要なら、提案することだってもちろんあります。


「お客様の望むもの」で思考停止するのではなく、お客様が幸せに暮らせる家の形を考える。 真の意味でお客様の役に立つ家づくりを、続けていきたいなと思っています。

WRITER

user image

代表取締役

杉浦 司

スタッフ紹介ページ

S.CONNECT(エスコネクト)は、デザイン住宅をプロデュースする会社として、建築家と建てる家を若い世代の方々にも手の届く価格でご提案しています。
私たちはこれからも、住まいの本質的な価値と普遍性を追求し続けます。
そして、1人でも多くのお客様を心ゆたかな暮らしへと導いていけるよう邁進します。

OTHER

同じカテゴリの記事

CONTACT

イベントやモデルハウスの見学予約、
家づくりについてのご質問は
お気軽にご相談ください。