Sconnect

STAFF BLOG

2022.05.04

常にベストな仕事をするために「頑張ること」やめました!〜代表杉浦の頭の中〜

常にベストな仕事をするために「頑張ること」やめました!〜代表杉浦の頭の中〜

こんにちは!浜松・湖西を中心に、建築家とつくる家づくりをご提案しているエスコネ(S.CONNECT)の杉浦です。
長年家づくりを仕事にしてきた私が、最近やめたのが“頑張ること”。
「おいおい、真剣に仕事をするのはやめたのか?」なんて誤解を生んでしまいそうな言い方かもしれません。でも実は私にとって“頑張らない”ことは常に最高の仕事をするために大切な姿勢なのです。
今日は、私が “頑張らない”理由をお話ししてみましょう。

▶︎頑張る=無理をする?

先日エスコネでマイホームを建てると決断されたお客様に、契約時こんなお話をさせていただきました。

「これから家づくりが始まります!精一杯、いい家になるように努めます!
でも……特別いつも以上に頑張る、ということはしないつもりです。私たちはいつも全力で家づくりに取り組んでいますから。
やる気にムラがあること、これはあらぬミスや失敗の原因になります。だから、普段以上に頑張る、ということはせず、しっかりお客様の家づくりをしていきますね」

お客様はこの言葉を聞いて、とても喜んでくださいました。

なぜなら、家づくりのプロとして仕事をするにあたって、「頑張ります」と言うことは、反対に頑張らない仕事もあるといっているようなもの。
エスコネの家づくりは、常にベストな家をつくるためのベストな仕事をしているわけであって、特別に「頑張る」ことがあってはいけないはず。

例えば、あなたの大切な人が命を左右する外科手術をすることになったとします。
その手術に執刀するお医者さんが、その日の気持ち次第で「今日は頑張る」「今日は頑張らない」とムラがある先生だったら…、不安も大きくなりますよね。
頑張らない日は、気もそぞろで手術をされるのではないかと不安です。また、いつもと違って「頑張る」と決めて手術をした日も、慣れないことをして失敗……なんて可能性もゼロではありません。
そんな先生は、やっぱり避けたいですよね。

簡単に「頑張る」と私たちは普段言ってしまいがちですが、頑張るが当たり前の状態が、プロとして求められること。家づくりのプロとして、真の価値をお客さまに提供するために、私は今日も頑張らない家づくりをしています。

常に最高の家づくりをご提案し続けるエスコネとの家づくり。
この春始めてみませんか?

★エスコネの施工事例はこちらからチェック

WRITER

user image

代表取締役

杉浦 司

スタッフ紹介ページ

S.CONNECT(エスコネクト)は、デザイン住宅をプロデュースする会社として、建築家と建てる家を若い世代の方々にも手の届く価格でご提案しています。
私たちはこれからも、住まいの本質的な価値と普遍性を追求し続けます。
そして、1人でも多くのお客様を心ゆたかな暮らしへと導いていけるよう邁進します。

OTHER

同じカテゴリの記事

CONTACT

イベントやモデルハウスの見学予約、
家づくりについてのご質問は
お気軽にご相談ください。