Sconnect

STAFF BLOG

2022.04.18

家を「売る」のではなく「つくる」エスコネ〜代表杉浦の頭の中〜

家を「売る」のではなく「つくる」エスコネ〜代表杉浦の頭の中〜

こんにちは!浜松・湖西を中心に、建築家とつくる家づくりをご提案しているエスコネ(S.CONNECT)の杉浦です。

世の中にはたくさんの住宅メーカーや工務店、住宅会社があります。

実はこうした住宅会社の中にも「家をつくる会社」と「家を売る会社」、二つのタイプがあることを意識したことがあるという方は少ないのではないでしょうか?

では一体、その違いとは。
「家をつくる会社」であるエスコネの視点から、お話ししてみましょう。

▶︎「家をつくる」会社だからこその美学

例えばマイホームを建てようと思ったとき。
せっかく注文住宅で家をつくるのであれば、どこにでもありそうなデザイン・設計の家にしたくないと考える方は少なくないはず。

とはいえ、実際に住宅会社に家づくりの相談に行くと、どこかでみたようなプランや設計を「予算内に抑えるにはこのプランで」などの理由で提示されること、結構多いのではないでしょうか。

こうしたプランを提案する際、住宅営業マンがお客さまに話すのは
「こんな間取りにすれば暮らしやすいですよ」
「この性能やプランでこの価格なら、コスパも良く予算内におさめられますよ」
そんないわば営業トークと言われるもの。

もちろん、それはそれで良いことなのかもしれません。
けれど、こうした話は、あくまでも家を売る立場からの視点であり、家をつくる立場であれば、もっと違う話の内容になるのではないでしょうか。

たとえば、エスコネではお客様との打ち合わせでは
「お客様の望む家にするためには、こんなプランや仕上がりにしてみては?」
「やっぱりこの仕上げにした方が、カッコよく収まります」
そんな話をよくしています。家を売る、のではなく家をつくる立場から、お客様の家をもっとよくするためには何ができるかを考えているのです。

アトリエ建築家の設計の力だけに頼るのではなく、施工側も設計プランをより美しく仕上げるためのこだわりを忘れない。
そんな家づくりがエスコネの目指す姿です。

ぜひ、「つくり手」としてご提案するエスコネの家づくり。見学会などで確かめてみてくださいね。
★エスコネの施工事例はこちらからチェック
https://www.sconnect.jp/case

………………………………

浜松市・湖西市でデザイン住宅を手がける
S.CONNECT(エスコネクト)
HPhttps://www.sconnect.jp/
Instagramhttps://www.instagram.com/s.connect_official/

………………………………

WRITER

user image

代表取締役

杉浦 司

スタッフ紹介ページ

S.CONNECT(エスコネクト)は、デザイン住宅をプロデュースする会社として、建築家と建てる家を若い世代の方々にも手の届く価格でご提案しています。
私たちはこれからも、住まいの本質的な価値と普遍性を追求し続けます。
そして、1人でも多くのお客様を心ゆたかな暮らしへと導いていけるよう邁進します。

OTHER

同じカテゴリの記事

CONTACT

イベントやモデルハウスの見学予約、
家づくりについてのご質問は
お気軽にご相談ください。