Sconnect

STAFF BLOG

2022.04.20

神は細部に宿るからこそ!こんなことにもこだわっています

神は細部に宿るからこそ!こんなことにもこだわっています

こんにちは!浜松・湖西を中心に、建築家とつくる家づくりをご提案しているエスコネ(S.CONNECT)です。
突然ですが皆さんは「神は細部に宿る」という言葉をご存知ですか?
一見するとわからないような細かいディティールまでこだわって作られたものには、作り手の想いが込められている。そんな意味合いがあるこの言葉。実はエスコネの家づくりそのままだな、と感じることも多いのです。
今日は、そんなエスコネのディティールへのこだわりをご紹介しましょう!

▶︎床の張り方一つにもこだわりを

例えば、一見何気ない無垢フローリングの空間のように見えるこちらの部屋。
床の素材が無垢ということ以外に、ある“こだわり”を持って、仕上げています。

それは、「乱尺張り」といってさまざまな長さの板材を張り合わせた仕上げ方。
一定の寸法のフローリング材を規則的に張っていく定尺張りと比べると、ランダムな仕上がりになり、無垢材の木の風合いがより引き立ちます。

施工時に、こうした一手間を加えるだけで、同じ空間設計でも印象が変わる家づくり。
エスコネではお施主様や建築家からの指定がなくても、フローリングはいつも「乱尺張り」にしています。

ドイツの建築家や美術家が言い始めたとも言われている「神は細部に宿る」というモノづくりへの姿勢。
今回ご紹介したフローリングの張り方以外にも、いろいろな施工時のこだわりが詰め込まれた家づくり。エスコネの見学会などで、ぜひ体感してみてくださいね!

★エスコネの施工事例はこちらからチェック

WRITER

user image

エスコネ

S.CONNECT

湖西市・浜松市・豊橋市・磐田市デザイン性に優れた注文住宅をお考えならエスコネにお任せください。建築家があなたの理想をかなえる住まいをご提案いたします。土地探し・建て替え・新築一戸建てなど、お気軽にご相談ください

OTHER

同じカテゴリの記事

CONTACT

イベントやモデルハウスの見学予約、
家づくりについてのご質問は
お気軽にご相談ください。