Sconnect

STAFF BLOG

2022.03.23

マイホームを建てて改めて気づいた大切なこと〜代表杉浦の頭の中〜

こんにちは!浜松・湖西を中心に、建築家とつくる家づくりをご提案しているエスコネ(S.CONNECT)の杉浦です。
実は私事ではありますが、今年に入って念願のマイホームが完成しました!
いつもお客様の家づくりをお手伝いしている立場ということもあり「自分の家づくりなんて簡単だ」なんて思っていた節もありましたが、それは大いなる勘違い。
マイホームを建てることで、また新たな家づくりの発見があったように思います。

――お客様の気持ちが今まで以上にわかるように

大きな気づきとして、まず挙げられるのが「お客様の気持ちがよりリアルにわかった」という点です。
引っ越しや買った家具の搬入など、家づくり間近になると色々な準備で慌ただしくなります。この段取りは、自分でやらなければならないわけですが、ここでスケジュールに関して一悶着がありました。
それは家具搬入の日が、家のクリーニングの前になってしまったというスケジュールミス!
注文住宅の場合。お客さまにお引き渡しする前に、専門の業者さんを入れて家をしっかりとクリーニングしています。けれど私の家の場合、このクリーニングの前に家具が運び込まれてしまうことになったのです。

家具を置いてしまったら、家具を置いた場所はクリーニングができないですよね。
(本音を言えば)少しイラッとしながらも、自社のお客様の家が優先だからと自分に言い聞かせはしましたが、あまりいい気持ちがしなかったのは事実です。

たくさんの家づくりをしていると、もちろん人間がすること。
段取りミスやスケジュールの変更は生じてしまうのは仕方のないことです。
けれど、気持ちよくお客さまがマイホームライフを始められると思っていたのに、些細な段取りミスで嫌な気持ちになってしまったら……。

代表として、そんなことは絶対に許してはいけない!ミスがないように進めなければ!と思いを改めて強くした出来事でした。

当たり前のことを当たり前にする。
それは全てお客様のためであり、甘えや慣れで自分達を甘やかしてしまったら、大切なお客様の思い出を台無しにすることもある。
改めて、自邸を通じて感じた出来事でした。

★エスコネの施工事例はこちらからチェック

WRITER

user image

代表取締役

杉浦 司

スタッフ紹介ページ

S.CONNECT(エスコネクト)は、デザイン住宅をプロデュースする会社として、建築家と建てる家を若い世代の方々にも手の届く価格でご提案しています。
私たちはこれからも、住まいの本質的な価値と普遍性を追求し続けます。
そして、1人でも多くのお客様を心ゆたかな暮らしへと導いていけるよう邁進します。

OTHER

同じカテゴリの記事

CONTACT

イベントやモデルハウスの見学予約、
家づくりについてのご質問は
お気軽にご相談ください。