Sconnect

STAFF BLOG

2022.04.25

建築家の先生との最後の打合せ

建築家の先生との最後の打合せ

みなさま、こんにちは!

アドバイザーの眞野です。

先日、T様邸の建築家の中村先生との3回目のお打合せがありました。

エスコネクトでは建築家との打ち合わせは、3回というルールを設けております。

1回目・・・ヒアリング

2回目・・・プラン提案

3回目・・・プラン確定

一般的に、設計事務所で設計依頼をした場合、請負金額の10%が設計料となりますので、

3000万円の請負契約をした場合ですと、300万円が設計料となるわけです。

このほか、管理監督費がかかる場合もあるようです。

設計事務所で住まいづくりをする場合のハードルの1つがこの設計料です。

エスコネクトでは、このハードルを、建築家との打ち合わせ回数を3回とすることで費用を抑えております。

3回の打ち合わせで満足するプランが出てくるの?よく聞かれるご質問の1つですが、答えは、yesです。

お客様が叶えたい暮らしのイメージや予算を、私たちとお客様で理解し合っているか。

理解し合うための打合せを、建築家との打ち合わせとは別に設けております。また、建築家とのお打合せの後は、インテリアコーディネーターと壁紙やキッチンなど詳細な部分のお打合せを設けております。

トータルすれば、15回~20回のお打合せ回数になりますので、伝えきれなかったということは、ない進め方としております。

カタログから選んだプランや、無料で何回も変更したプランが、はたしていいプランと言えるのでしょうか。

私たちエスコネクトでは、お客様が思い描く生活を、余すことなく書き出して、建築家の先生がお客様の思いを反映したプランが出てきます。

一生に何度もない住まいづくり、その一回の打合せに私たちも建築家も全力で挑みます。

あなたにとっていい家づくりは、はたしてどちらでしょうか?

話が少しそれてしまいましたが、今回3回目の打合せが行われましたT様のお家は、大満足いただきました。

 

 

後半は、建築家やT様がイメージしているお家の色やテイストを共有し合い、次回のインテリアコーディネーターの打ち合わせに繋げる打ち合わせを行いました。

終始和やかな打合せとなり、最後は建築家と記念撮影。

 

みなさん、いい笑顔ですね。

次回は、インテリア打ち合わせの様子をお伝えしたいと思います。

WRITER

user image

アドバイザー

眞野 希昇

スタッフ紹介ページ

お客様に個性がありながらも、普遍的なデザインで永く愛着の持てる家づくりをしていただけるよう、サポートさせていただきます。

OTHER

同じカテゴリの記事

CONTACT

イベントやモデルハウスの見学予約、
家づくりについてのご質問は
お気軽にご相談ください。