Sconnect

STAFF BLOG

水野 隆範

水野 隆範

TAKANORI MIZUNO

 私はかれこれ20年以上大工として仕事をしてきましたが、現場では初心を忘れず一棟一棟心を込めて取り組むことを大切にしています。

 20年以上家づくりに携わっていると、基本的な工法は同じですが、道具一つとっても20年前にはなかった道具ばかりですし、1つの現場での仕事のスピードも上がってきていますね。
気密断熱性に関する技術もどんどん新しく生まれてきています。いろんな現場を経験すればするほど、新たな発見があるので日々勉強です。

 色々な現場を見ている中で、エスコネの家づくりはデザインが洗練されている印象です。今担当している現場の屋根も中庭に向かって屋根の傾斜がかかっていて、雨が中に向かって落ちる形状になっています。普通屋根って外側に向かって傾斜がかかるので、雨樋が外に見えてしまうのですが、雨樋が外に出ない分、カッコよく仕上がりますよね。

もう一つ、エスコネのいいところは現場監督さんが職人たちをすごく大切にしてくれていること。段取りの良さはもちろんのこと、聞けばすぐに答えが返ってきて、なるべく現場の仕事に集中できる環境をつくってくれている。
あれがない、これがないと現場で手が止まることもありませんから、スムーズに施工ができてミスも起きにくい環境だと思います。 

 大工の仕事は大変ですが、物をつくることが好きなのでやりがいを感じています。ときどき、オーナー様と現場でお会いすることがありますが、嬉しそうな顔を拝見したりするのもやりがいとなっています。話すのが苦手なので無愛想な部分もあるかもしれませんが……とても嬉しいので、気になることがあれば気軽に話しかけてもらいたいなと思います。

CONTACT

イベントやモデルハウスの見学予約、
家づくりについてのご質問は
お気軽にご相談ください。