エスコネクト

CASE

開放と閉鎖、矛盾を克服した家

開放と閉鎖、矛盾を克服した家

静岡県浜松市 K様邸

開放と閉鎖、矛盾を克服した家

シンプル モダン

東南角地の土地は一般的には朝日が入り、日中も明るい日差しが差し込む良い土地とされている反面、人通りや車からの視線を遮るためカーテンを閉めたままの暗い部屋となってしまう等、間取りのプランニングには難易度が上がってしまう土地。

リビングの後ろにキッチンが見える画像

オーナー様からは「自然光の中で、開放感ある暮らしをしたい」という課題をいただき、建築家がご提案した間取りは、吹き抜けを3箇所設け、どこに居ても光が降り注ぐ空間を実現。また、プライバシーを確保しカーテンレスの暮らしを可能としました。

キッチンとアイアン階段

階段部分と中庭とリビングとダイニングの間の3箇所に吹き抜けを設け、建物全体は閉鎖したつくりになっているとは感じない、自然光が降り注ぐ明るい空間が実現。

ダイニングとキッチン

中庭まわりは周囲からの視線を感じないようプランニングされており、カーテンレスで暮らせるため電気代の節約にも繋がります。

また、リビングとダイニングの間に腰壁を設け、ゾーニング別けができているのも目隠しになり有効です。

リビングから中庭を見た画像

ダイニングは東側に面しており、朝の日差しがたっぷり届きます。明るい食卓は気持ちの良い一日のスタートができます。

テーブルに座って会話する夫婦

キッチンとカップボード

経験を積んだ建築家のプランによって見事難易度を克服した、とても素敵なお宅が完成いたしました。

トイレ

洗面カウンター

2階建て平面図

DATA

敷地面積
59.63坪
延床面積
30.98坪
C値
0.3
UA値
0.46

STAFF

DIRECTOR
TSUKASA SUGIURA

OTHER

同じ建築家の施工実績

CONTACT

イベントやモデルハウスの見学予約、
家づくりについてのご質問は
お気軽にご相談ください。