Sconnect

STAFF BLOG

2021.10.07

~高い断熱性 Ua値~🏡

古橋 義一

古橋 義一

こんにちは!!

 

 

工務部の古橋です。

 

 

Ua値についてです。

Ua値とは、「外皮平均熱貫流率」のことで、住宅の内部から床、外壁、屋根や開口部などを通過して外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値のことを指します。

 

このUa値が小さければ小さいほど熱が逃げにくく、断熱性能が高い家であるといえます。

 

断熱とは住宅の中の温度を外に伝わりにくくするつくりのことです。

 

夏にクーラーをつけて冷やした空気や、冬に暖房で温めた空気を外に逃がしてしまうようでは快適な家とはいえませんよね。

 

快適な温度をできるだけ外に逃がさないようにするための住宅の工夫が断熱と呼ばれるものです。

 

そのため冷暖房が効率よくかかり、1年中快適に暮らせるのが最大のメリットといえるでしょう。

 

  

高断熱の性能を上げれば上げるほど、小さなエアコン1~2台で家中の冷暖房が可能になり、エネルギーロスが最小限で済むため、電気代の削減にもつながります。

 

気密性や断熱性を上げるにはある程度のコストがかかりますが、毎月の冷暖房費用は抑えられるでしょう。

 

また、冬場のお風呂や洗面所、夜間のトイレや廊下などにヒートショックの危険がひそんでいるといわれますが、高気密で高断熱な家は部屋ごとの温度差が少なくなるので、急激な温度変化による心臓や血管に負担がかかるリスクが減少されます。

 

小さな子どもから高齢のご家族までを含めた健康な暮らしをサポートし、長寿命への安心感へとつながっていくでしょう!!

 

WRITER

user image

工務

古橋 義一

スタッフ紹介ページ

お施主さまの理想をカタチにできるよう、気軽にご相談いただける関係を築きお手伝いいたします!!

CONTACT

イベントやモデルハウスの見学予約、
家づくりについてのご質問は
お気軽にご相談ください。