Sconnect

STAFF BLOG

2022.07.22

「見切り」にも一手間をかけることで美しい家に〜収まりへのこだわり〜

「見切り」にも一手間をかけることで美しい家に〜収まりへのこだわり〜

こんにちは!浜松・湖西を中心に、建築家とつくるデザイン住宅をご提案しているエスコネ(S.CONNECT)です。神は細部に宿る、という言葉の通り、エスコネでは家づくりをする際に、お客さまも気づかない細かな部分まで設計や施工時に「美しく見える家づくり」のためのひと手間を大切にしています。
今日ご紹介する「見切り材」もその一つ。エスコネの家づくりへの姿勢を、見切り材に対する考え方からお話ししてみましょう。

▶︎そもそも見切り材とは?

例えば、リビングと洗面コーナーの床材を違う素材にする場合。
フローリングとタイルの切り替え部分の収まりをすっきり格好良く仕上げるためにエスコネで使っているのが金属の見切り材。
フローリングとタイルの間に、薄い金属の板(=見切り材)をはめ込み、余計なラインを無くすことで、フラットに床がつながるだけでなく、見た目もすっきりスタイリッシュに。

こちらはお客様邸のキッチンとダイニングとの床の切り替え部分。
遠目から見ても、余計な凸凹がなくすっきりしていることがわかりますよね。

一般的な住宅の場合。
この見切り材が目立ってしまう仕上げにしていることがほとんど。

写真のように太かったり、凹凸があったりするこのスタイルは、少しやぼったい印象を空間に与えてしまいます。

厚みの違う床材同士を隣り合わせることが多いことから、段差がないよう、フラットに床のレベルを合わせなければならないエスコネの見切り材の付け方は施工の手間がかかります。
この一手間をかけるか、かけないかで住まいの美しさがガラリと変わるからこそ。エスコネでは、たとえお客様が気にしていてもいなくても、必ずこの仕上げをするようにしているんですよ。
モデルハウスなどで、ぜひチェックしてみてくださいね!

★エスコネの施工事例はこちらからチェック

WRITER

user image

エスコネ

S.CONNECT

湖西市・浜松市・豊橋市で、デザイン性に優れた注文住宅をお考えならエスコネにお任せください。建築家があなたの理想を叶える住まいをご提案いたします。土地探し・建て替え・新築一戸建てなど、お気軽にご相談ください。

OTHER

同じカテゴリの記事

CONTACT

イベントやモデルハウスの見学予約、
家づくりについてのご質問は
お気軽にご相談ください。