Sconnect

STAFF BLOG

2021.08.09

~左官壁~

古橋 義一

古橋 義一

こんにちは!!

 

工務部の古橋です。

 

左官壁についてお話致します。

 

調湿性

左官壁は、湿度が高い時は湿気を吸収し、逆に低い時は放出する「調湿性」に優れています。高温多湿な日本には、最適な壁材といってもいいでしょう。結果として、結露やカビ、ダニなどの発生予防効果も期待できます。

断熱性

左官壁は断熱性能が高く、夏の暑さや冬の寒さを防ぎやすくなります。冷暖房の効率アップで室内が快適になり、光熱費の削減にもつながるでしょう。

吸音性

下地材の上に塗り重ねられた土や漆喰は、高い吸音性を誇ります。外部からの騒音を防げるのはもちろん、家の中の音が外に漏れるのも防いでくれるのです。

 

 

左官壁がタイルやサイディングと違うのは、すべて手作業で仕上げることです。タイルやサイディングは既製品を並べていくため、一定の品質は保証されますが、職人のこだわりというものは生まれません。一方で左官壁は、仕上がりが職人の腕前に左右されるものの、唯一無二の壁を作れるのです。

WRITER

user image

工務

古橋 義一

スタッフ紹介ページ

お施主さまの理想をカタチにできるよう、気軽にご相談いただける関係を築きお手伝いいたします!!

CONTACT

イベントやモデルハウスの見学予約、
家づくりについてのご質問は
お気軽にご相談ください。