Sconnect

STAFF BLOG

2019.11.01

大発見!!珍しい事!!

コーヒーの花が開花しました。

 

この写真を撮影した日はちょうど10月前半。

エスコネは新しい期を迎えています。

 

そんな中、入り口入ってすぐのコーヒーの木。

4年の成長を経て。実がなりました。

 

そもそもコーヒーの木ってどんな木か。

コーヒーの木は成長すると大きいものでは8メートルほどにもなります。

3種類の木があって、そこから派生しています。

・アラビカ種

・ロブスタ種

・リベリカ種

コーヒー屋さんに出てくるコーヒーはアラビカ種、缶コーヒーなどの原料はロブスタ種。リベリカは日本ではあまり見かけない種類のようです。

 

写真の様に、赤い果実が実り、熟した果実から中身を取り出した物がコーヒー豆。

実際に生っている果実は酸っぱいです。

植物の中でも神経質と言われているコーヒーの木。

そのままにしておくので、ぜひお店に来た際にはみてください。

WRITER

user image

綱取

OTHER

同じカテゴリの記事

CONTACT

イベントやモデルハウスの見学予約、
家づくりについてのご質問は
お気軽にご相談ください。