Sconnect

STAFF BLOG

2022.07.08

家づくりは知識が大切、でも頭でっかちになってはダメ!?

家づくりは知識が大切、でも頭でっかちになってはダメ!?

こんにちは、浜松市・湖西市を中心に、建築家とつくるおしゃれな注文住宅をご提案しているエスコネ(S.CONNECT)です。現在、エスコネでは「共働きでなかなか家づくりの情報収集ができない、でも家づくりの仕組みや土地の探し方など基本を知りたい!」という方に、毎週火曜・木曜の夜8時からご参加いただけるオンライン勉強会を開催しています。
ということで、今日は家づくりをするためにはどうして知識が必要なのか。反対に、頭でっかちになってしまって失敗することがあるのか?などをお話ししてみようと思います。

▶︎家づくりを始める前に知っておきたいこと

多くの人が初めての経験の家づくり。
マイホームを建てるのに不安があるのは当たり前です。家を建てる際に大切なのは、基本的な家づくりの進め方の全体像を知り、間違いのない順番で進めていくことです。

例えば、家づくりの資金計画のことや土地によっては造成費用がかかることなどを知らなければ、「お、よさそうな土地があった」と勢いで土地を買って失敗することも…。
そうなれば、いざ設計が始まったあとに「土地にお金を使いすぎて建てたい家の予算が足りない!」なんてことになる……かもしれません。

大切なのは、家づくりにはどんな費用がかかるのか、家づくりの失敗しにくい進め方をまずは知ることなのです。

▶︎知識が家づくりの失敗になることもある?

最近はSNSなども普及して、家づくりのデザインや間取りに関する情報がたくさん手に入るようになりました。
好きなテイストを住宅会社に伝えたり、自分たちの希望条件を整理するためには役立つこともありますが、あまりデザインや間取りの情報ばかりを頼りに「絶対これが欲しい!」と思い込みすぎるのは危険です。

というのも、住まいの設計には必ず理由があり、その理由は住まう人によってさまざまだから。

例えば「中庭がある家」と一言で言っても、中庭の価値や存在意義は1つではありません。

――家のどこにいても明るい光を届けたいから(住み手が描く理想の空間)
――近くに大きな建物や道路があるから(環境的要因)
――プライバシーを保ちたいから(環境的要因)

こうした要因があって、答えとして導き出された形が中庭であれば良いのですが、ただ「中庭が欲しい」とイメージだけで考えても、実はそれが思い描く理想の暮らしには合っていない、というケースもあるかもしれませんよね。

家づくりをする上で、成功に導くためには形ではなく理想の暮らしを建築家に伝えること。
エスコネの建築家は、「希望条件や希望する間取り」ではなく「希望する暮らし」を伺い設計に落とし込んでいます。
驚くほど「なんでこんなに自分たちにぴったりのプランが」と思っていただける建築家の設計力。是非家を建てるのであれば体感いただきたいなと思っています。

[今日ご紹介したオンライン勉強会の詳細はこちら]
自宅でオンライン参加◆90分でわかる!知らなきゃ損する後悔しないための家づくり勉強会

★エスコネの施工事例はこちらからチェック

WRITER

user image

エスコネ

S.CONNECT

湖西市・浜松市・豊橋市で、デザイン性に優れた注文住宅をお考えならエスコネにお任せください。建築家があなたの理想を叶える住まいをご提案いたします。土地探し・建て替え・新築一戸建てなど、お気軽にご相談ください。

OTHER

同じカテゴリの記事

CONTACT

イベントやモデルハウスの見学予約、
家づくりについてのご質問は
お気軽にご相談ください。