Sconnect

STAFF BLOG

2022.01.12

エスコネの家づくりを支える人にインタビュー!大工・坂中棟梁 ①

S.CONNECT

S.CONNECT

こんにちは!浜松・湖西を中心に、建築家とつくる家づくりをご提案しているエスコネ(S.CONNECT)です。
エスコネで設計をお願いしている建築家の先生と話をしていると、ときどき「エスコネさんは施工力が高いから、同じ設計でも仕上がりが違うよね!」と誉めていただくことがあります。
家をつくる仕事をしている私たちにとって、本当に嬉しい言葉です。
 

 
エスコネの施工力を支えてくれているのが、日々現場で活躍する職人さんたち。今日は、エスコネが信頼する大工の棟梁の一人、坂中棟梁に大工とは?エスコネでの家づくりとは?そんな話を聞いてみました。
 

 
――坂中棟梁!大工さんとしてこれまでどんな家づくりをしてきたのでしょうか?

 
大工になったのは、45年ほど前のこと。
大阪で22年間大工として修行を積んだあと、親が暮らす浜松に帰ってきました。
浜松は家づくりの現場も多く、私もいろいろな家づくりに携わってきました。分譲住宅のような同じような設計のものもあれば、エスコネのように毎回違ったつくりのものもある。そういう面白さはありますね。
 

 
――40年以上も大工の世界に…すごい!大工の仕事の面白さはどんなところですか?

 
面白さは、毎回現場が違うところかな。
自分が入った現場の家が出来上がったときの達成感や、嬉しい気持ちがエネルギーになっていますね。
大工として家づくりに関わるのは、今は1棟あたり2ヶ月〜3ヶ月。短いと感じる人もあれば、長いと感じる人もいるかもしれませんが、それだけの期間見ている家は、やっぱり愛着も出てきますから。完成時の感慨はひとしおです。
 

 
――――坂中棟梁へのインタビューは次回へと続きます。どうぞお楽しみに!

 
★エスコネの施工事例はこちらからチェック
 

WRITER

user image

エスコネ

S.CONNECT

湖西市・浜松市・豊橋市・磐田市デザイン性に優れた注文住宅をお考えならエスコネにお任せください。建築家があなたの理想をかなえる住まいをご提案いたします。土地探し・建て替え・新築一戸建てなど、お気軽にご相談ください

CONTACT

イベントやモデルハウスの見学予約、
家づくりについてのご質問は
お気軽にご相談ください。