Sconnect

STAFF BLOG

2019.05.10

名作チェアのスケッチ

長い10連休のGWが終わり、少し休みボケをしている磯貝です。

 

みなさまは、GW楽しく過ごせましたでしょうか?
私は、浜北森林アスレチックに家族と行き、大混雑の中、スタートからゴールまで5時間かけて子供が制覇する姿を撮影してました(笑)
さて、久々の投稿ですが、スケッチ力をつけようと周りと見渡したら、学生時代に少し集めた「名作チェア」のミニチュアが目に付き、このシリーズのスケッチをする事にしました。
(今も密かに収集したいのですが、我慢しています(笑))
zig-zag(ジグ−ザグ)設計:1932年

ジグザグチェア

ヘリト・トマス・リートフェルトのジグザグチェアは、2000年に世界遺産登録された「シュレーダー邸」のためにデザインされたものであり、リートフェルトの代表作でもあります。
リートフェルトのデザインは、直線を利用し水平方向・垂直方向へ構成されたものが多数あり、このジグザグチェアはその名の通り「Z」の形をしており、このZを逆にしたような形は、背部・座部・支持部・底面の4つの木材がリズミカルに連なっています。見た目以上に強度もあるので、 80kgぐらいの男性が座っても大丈夫なつくりになっています。

会社で素敵なイベントを企画しています。

ご興味のある方は、是非ご参加お願い致します。

WRITER

user image

磯貝

OTHER

同じカテゴリの記事

CONTACT

イベントやモデルハウスの見学予約、
家づくりについてのご質問は
お気軽にご相談ください。