Sconnect

STAFF BLOG

2022.07.28

外への視線を通す工夫

外への視線を通す工夫

こんにちは!エスコネクトの眞野です。

 

間取りの計画をする際

 

外との繋がりを求めて大きな窓を

設けることが多いかと思います。

 

しかし、それに反して

 

全体的な間取りの構成や

家具配置を見てみると

 

壁に向かって生活をするような

計画になっている事があります。

 

せっかく庭木を植えたのであれば

外観構成のためだけでなく、

室内からも緑を楽しみてるよな

計画にしたいなと思います。

日常的に外に視線が抜けたり

自然と緑が目に入るような

そんな計画がおすすめです。

 

また、視線の気にならない窓!

窓は大きく開けば開くほど

明るく広々と感じる

 

と思われがちですが、

 

一方で開きすぎると

周囲からの視線が気になり

カーテンを開けられず

むしろ圧迫感を感じる事になります。

 

植栽や外構計画までセットで考えると

 

カーテンを下ろさず

開放的に暮らす事ができます。

 

敷地条件や間取りなど

全体のバランスを見ながらにはなりますが

1つのデザイン案として

ご参考になると幸いです。

WRITER

user image

アドバイザー

眞野 希昇

スタッフ紹介ページ

お客様に個性がありながらも、普遍的なデザインで永く愛着の持てる家づくりをしていただけるよう、サポートさせていただきます。

OTHER

同じカテゴリの記事

CONTACT

イベントやモデルハウスの見学予約、
家づくりについてのご質問は
お気軽にご相談ください。